美しい光景
型番 HNBR-18
定価 1,200円(内税)
販売価格

1,200円(内税)

購入数

mini album「美しい光景」
2012.2.08 release
HNBR-18
全4曲 ¥1,200(tax in)

朝 / サファイア / 愛しみのelephant / 美しい光景


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
圧倒的な““感性”の嵐。
「美しい光景/The Letter」
邦楽の常識を超越した圧巻の4曲、The Letter初の流通作品。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
これまでの邦楽とは明らかに異質の空気感。

全編もちろん日本語であるが、言葉ばかりが説明過多に先行するのでもなければ、昨今の「ヒットの法則」的な傾向 〜キャッチーなフレーズの連呼〜もない。
これ見よがしの楽器のフレーズでゴリ押しすることもないし、音圧でねじふせるのでもない。
言葉、メロディー、リズム、演奏。そのうちのどれかが、ということではなく、すべての要素が強力に絡まり合ってひとつの像を結び濃密な塊となり、とんでもない質量を持って聴くものに押し寄せて来る。その魅力は、今までの邦楽に慣れ親しんだ多くの人にとって、瞬間的に理解し、分別/消化/説明できる種類のものではないが、多くの人の右脳と五感にダイレクトに届き、感情をぐわんぐわんに揺さぶってくれる種類のもの。そう、優れた洋楽を初めて聴いたときの感覚に非常に近い。

Vo,Pf:伊藤千恵、Gt,Cho:松谷美沙。
女性二人組のグループ<The Letter>のミニアルバム「美しい光景」。
この作品が、永年幾多の邦楽アーティストが壊そうとしても壊せなかった「洋楽との壁」に最初の亀裂を入れてくれると言ってしまっても決して大袈裟ではないのではないか。

今作がThe Letterとしては初めての流通音源となるが、彼女達のアーティストとしてのキャリアは長い。

1998年、北海道・函館にて前身グループ<sisters>を結成。結成当初はもう一人、女性ドラマーを加えた三人組、全員が高校生だった。翌1999年にはミニアルバムをリリース、地元函館だけで2,000枚をセールス。大きな話題を呼び、2001年にメジャーデビュー。函館と東京を往復しながら活動を続け、2008年グループ名を<The Letter>に改名、新たな環境での活動を期して上京。試行錯誤ののち完成したのが今作「美しい光景」である。

長きに渡って自らの感性を信じ、それを貫き続けてきたアーティストが辿り着いた到達点、圧巻の4曲。
驚くべきは、これだけのキャリアを持ったアーティストが創ったこれだけ濃密な作品でありながら、まるで楽器を持って初めてスタジオに入った少女が作ったような瑞々しさ、音楽に対する純粋な情熱や、音楽を創る喜びが全編から溢れ出ていること。帯に記された富澤タクa.k.a 遅刻(グループ魂、TOKYO MOOD PUNKS、Number the.)氏のコメント通り、あらゆる意味で「スゴくリリしい!」のである。

邦楽の新たな可能性を切り開く予感に満ちた<The Letter>の記念すべきデビュー作「美しい光景」には、聴く人のイメージを限定するような楽曲解説は一切不要。それぞれの感性で、それぞれの内なる世界に浮かぶ<美しい光景>を、こころゆくまで楽しんで欲しい。

Text by 平方洋行(音楽ライター)



この商品について問合わせるこの商品を友達に教える買い物を続ける